気仙沼市ブラウン管テレビ処分

気仙沼市ブラウン管テレビ処分

エアコン、ブラウン管テレビ・液晶テレビ・プラズマテレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機の排出方法は家電リサイクル法に基づいた処分が必要となります。
気仙沼市 ブラウン管テレビの処分方法

ブラウン管テレビ

家電リサイクル処分を依頼する方法

テレビを処分するには家電リサイクル法という法律でリサイクル方法が決められています。

ブラウン管テレビの場合は、今では買取もしてもらえません。ブラウン管テレビは重いし、大きいテレビとなると個人ではどうしようもありません。家の片隅や、押し入れ、あるいは物置の中とごみの状態で場所をとっているかもしれません。家電リサイクル法によるブラウン管テレビの処分方法を紹介していますので、一度確認してみることをお勧めします。

重いブラウン管テレビを処分するのは大変!
こちらで見積もりを依頼して、金額、対応を確認してから依頼すると、安心して気持よくテレビを処分することが出来ます!
業界不用品部門人気NO1の信頼と実績のある

ECOクリーン

 

古いパソコン本体や液晶モニターの処分
たくさんの方が利用しているパソコン無料回収。
液晶モニターだけでも無料で処分出来ます。
無料で回収に来てくれますので、段ボールに入れて送るだけで0円処分出来ます。
詳しい説明のページははこちらです。
パソコン無料処分でお得!

 

スポンサー リンク

 

 

ブラウン管式テレビを処分する方法

テレビのリサイクルは家電リサイクル法によって行いますが、収集場所は各自治体によって違うのが現状です。皆さんの住んでいる地域のルールに従ってテレビの処分をする必要があります。
間違ったブラウン管テレビ処分をしないために、お住まいの自治体の家電リサイクル情報をチェックしておきましょう。


家電リサイクル法による気仙沼市のテレビの処分方法について、インターネットというメディアを利用して、テレビの処分情報を提供されています。

気仙沼市でテレビを処分をするときの注意点やテレビの家電リサイクル受付先などを掲載していますので気仙沼市のブラウン管テレビ処分について困ったときにぜひご活用ください。

 

私たちが楽しく観ていたテレビも使わなくなれば、買い取ってもらったり、気仙沼市の購入したお店に依頼したり、郵便局でリサイクル券を購入し気仙沼市の許可業者に収集運搬費を支払い引取り依頼をしたりして家電リサイクル法による処分をすることになります。いずれにしても『収集・運搬料金』+『メーカーのリサイクル料金』を支払うことになります。気仙沼市のブラウン管テレビの処分方法などの決まりをまもり適切に処分しなければいけません。

 

スポンサー リンク

 

 

家電リサイクル法による処分方法

気仙沼市でテレビを処分する際に粗大ごみでは出せません。
1)購入したお店または買い換えたお店に依頼する方法。
2)郵便局でリサイクル券を購入し市内の許可業者に収集運搬費を支払い引取り依頼する方法
 (メーカーの指定引取り場所に自分で搬入も可)
RKC 一般財団法人家電製品協会 家電リサイクル券センター

 

■消費者の負担する料金は?
『小売店の収集・運搬料金』+『メーカーのリサイクル料金』が必要です。
ただし、小売店ごとに収集・運搬料金が、製造業者等ごとにリサイクル料金が異なるため、それぞれの料金は小売店またはメーカーにご確認ください。

 

消費者が直接メーカーの指定引取場所に運搬する場合は、収集運搬料金は必要ありませんが、最初に郵便局でリサイクル券を購入してからとなります。

 

主な例として、大手メーカーの料金は、エアコン1,620円(税込)、テレビ(16型以上)2,916円(税込)、冷蔵庫・冷凍庫(内容積171L以上)4,968円(税込)、洗濯機2,592円(税込)となります。メーカーにより料金が違いますので、詳しくは「家電リサイクル券センター(RKC)」のホームページ でご確認ください。

 

スポンサーリンク

 

 

気仙沼市ブラウン管テレビの処分方法

家電リサイクル法では、以下の製品を廃棄する場合、消費者がリサイクル料金を負担し、製造業者が引き取ることとなっています。

市では収集、処理ができませんので注意してください。

 

○処理の方法
その製品を購入したお店、買い換えの場合は新しい製品を購入するお店に引き取りを依頼してください。その際、リサイクル料金のほかに収集・運搬料金がかかります。金額は、お店によって異なりますので、店員の方に確認してください。

 

※販売店もしくは郵便局の窓口で支払ったリサイクル料金は、(財)家電製品協会 家電リサイクルセンターを通して製造業者に支払われます。

 

 

○リサイクル料金とは
廃家電を製造業者が適正に再商品化するために、必要な費用の一部を使用者が負担するもので、金額はメーカーごと、品目ごとに異なります。
参考までに、国内の多くのメーカーが採用している金額を下記に掲示しました。実際の金額は、引き取りを依頼するお店で確認してください。

 

 

○リサイクル料金表(主要メーカーが公表しているもの・税込)
冷蔵庫・冷凍庫
170?以下 3,672円
171?以上 4,644円

 

■メーカー、品目ごとの正確なリサイクル料金や、より詳しい情報を知りたいという方は、財団法人家電製品協会 家電リサイクル券センターのホームページをごらんください。

 

■下のアドレスをクリックすると、家電リサイクル券センターのホームページへジャンプ
します。   ↓
アドレスは http://www.rkc.aeha.or.jp/

 

スポンサードリンク